元東海道線! 瀬戸大橋も渡ったJR四国の113系

高松駅に停車する113系全国の直流電化区間で活躍した113系ですが、JR四国では少数派。元JR東日本国府津車両センターの113系を3編成購入し、観音寺と岡山を結ぶ普通列車や、高松近郊のラッシュ輸送などを中心に運用されていました。

伊予西条までの長距離運用

高松駅に停車する113系

夜の高松発伊予西条行き最終列車と、朝の伊予西条発高松行き始発列車だけですが、鳥越トンネルを超えて、香川県と愛媛県に跨って走る列車に113系が充当されていました。

夜の下り伊予西条行きは、高松駅を20時52分に発車して、伊予西条に到着するのが23時36分という、なかなかのロングラン!

朝の上り高松行きは、坂出~高松間で快速運転を行うため、所要時間は下り列車より短くなっています。

伊予西条行き方向幕

伊予西条行きの方向幕

以下準備中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする