189系最後の1編成! N102編成 おはようライナーに乗る

長野新幹線あさま号用のE2系N編成や、スーパーあずさのE351系など、”後輩”にあたる車両が続々と引退して廃形式になる中、細々と生きながらえてきた長野総合車両センター所属の189系。

最後まで残ったあさま色のN102編成は、ムーンライト信州号やおはようライナー号として、定期的に営業運転を行っています。

特に、平日朝に塩尻→長野間で運行されるおはようライナー号は、乗車整理券さえ買えば誰でも気軽に乗れるということで、最後の1本になった189系を手軽に楽しむにはうってつけの列車です!

おはようライナー方向幕

塩尻駅は6時57分発!

快速長野行き電光掲示板

早起きが苦手な人には、ちょっと早い時間ですね。松本地区以外からだと、前泊が必要。

まぁ最後の1編成だし、それくらいのことはしてもいいのかなぁ……と思って前泊しました!!

塩尻駅に停車する189系N102編成

塩尻駅3番線には、すでに189系N102編成が入線していました。

どうやら長野5時10分発の回8214Mで塩尻まで回送されてくるようです。この回送列車が塩尻に着くのが6時24分だそうで、塩尻駅では30分間も189系が停車しているシーンを眺めることができます。

僕は寝坊したんで、慌てて撮影して、整理券買って、車内に飛び込みましたが(汗)。

ASAMAのロゴマークも健在!

ASAMAのロゴマーク

信越本線の横川~軽井沢間の廃止とともに189系があさま号として運用されることがなくなってから20年以上が経っても、「ASAMA」のロゴマークは健在!

どうやら2015年2月に入場した際に復活したらしいです。

リクライニングシートが並ぶ車内

リクライニングシートが並ぶ車内

車内には、長野支社特有の青と薄緑のモケットをまとったリクライニングシートが並んでいます。

1~5号車は普通のリクライニングシート、6号車は簡易リクライニングシート。同じ料金を払うなら、1~5号車に乗ったほうがお得ですね!

N102編成の車内

明科~長野間はノンストップ!

おはようライナーは、塩尻を出ると松本、田沢、明科の順に停車し、明科の次は長野駅まで止まりません! 篠ノ井駅も通過します。

松本~田沢間の車窓です。

こちらは、田沢~明科間。

松本、田沢、明科でお客さんを拾った後は、一気に長野駅まで走り抜けます!
僕はあろうことか爆睡してしまいました。当然、日本三大車窓も見逃しました(笑)

目を覚ました時には、すでに長野駅到着放送が流れていました。

なんと、鉄道唱歌チャイムのファンサービスも!!

長野駅到着後の様子

あさま幕を表示するN102編成

長野駅に到着した後は、お楽しみの幕回しタイム!

あさま色にはやっぱり”あさま”の幕が似合ってる!!!!

回送幕表示になったN102編成

回送幕になって、長野総合車両センターに向かう準備が完了しました。

長野総合車両センターへ向かっていくN102編成。

2019年1月4日訪問

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする