中央快速線 209系1000番台運行開始!

常磐緩行線から中央快速線へと活躍の場を移した209系1000番台。

2019年3月16日のダイヤ改正で、営業運転を開始しました。

101系以降、基本的に多路線からの中古車はほとんど無かった中央快速線。今回の209系1000番台の投入は、今までの流れから言えば、異例のことと言えそうです。

209系1000番台の運用

試運転では中央本線高尾以西や青梅線でも試運転を行っていた209系1000番台ですが、営業運転の区間は中央快速線の東京~高尾間に限定されています。

平日:97Tおよび99T(2編成稼働)

休日:97T(一往復のみ)
豊田14時00分発→東京14時59分着
東京15時03分発→豊田16時03分着

平日の詳しい運用を知りたい方は、こちらをご覧ください。
午前中メインで運用入りしています。

ギャラリー

中野駅に到着する209系1000番台。

東京駅を発車する209系1000番台。

新宿→四ツ谷間車内風景

四ツ谷→御茶ノ水間車内風景

御茶ノ水→神田間車窓動画。

神田→東京間車窓動画

一往復とはいえ、休日にも運用入りしてくれるおかげで、狙いやすい車両になりましたね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする