朝の2往復のみ! 北陸本線金沢以西を走る413系小松行き・松任行き

521系導入で段階的に運用範囲を狭めていった北陸本線の413系。北陸新幹線金沢開業後は、JRから分離された第三セクター区間と、JR七尾線が主な活躍場所になっていますが、早朝の2往復だけJR北陸本線金沢以西に乗り入れる運用が残っています。

金沢←→小松 620M~627M

金沢駅に停車する413系小松行き

金沢5:52→小松6:23
小松6:37→金沢7:11

この2列車が、413系金沢以西の運用の中では最長距離の列車です。
金沢発の時間がかなり早めなため、遠方の人には少々厳しいかも。

小松行き方向幕

413系小松行きの方向幕

小松駅に停車する413系

小松駅に停車する413系。15分ほど停車した後、金沢へと折り返していきます。

北陸本線627M 西金沢駅発車シーン

金沢←→松任 628M~629M

金沢7:26→松任7:37
松任7:43→金沢7:55

こちらは3区間のみの短距離列車。乗車時間が短すぎて、乗りごたえという意味では微妙な列車ですが、早起きしなくても無理なく乗れる時間帯に設定されているのはありがたいですね!

629Mで金沢に到着した後はいったん車庫に引き上げ、昼からの七尾線運用に備えるようです。

2018年4月30日訪問

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする