JR九州415系500番台 鹿児島車両センター

九州各地を走り回る415系。

福岡や大分など北九州地区では国鉄時代から長い間走り続けていますが、鹿児島地区で運用が始まったのは意外と最近。

今回は本土最南端の地、鹿児島を走る415系についての話です。

運用開始は2007年

国分駅に停車する415系

415系が鹿児島地区に転入してきたのは2007年。老朽化した急行型車両の475系や717系を置き換えるために、南福岡電車区からやってきました。鹿児島ではまだまだ新人の部類です。

全車両が500番台(鋼製車)

鹿児島中央駅に停車する415系500番台

南福岡から鹿児島に転属してきた415系はすべて500番台!
オール鋼製車です。

もともと500番台は常磐線向けに製造された編成。国鉄末期の1986年、九州の421系初期車を置き換えるため、勝田から南福岡に513~517の5編成が転属してきました。

関東から九州への広域転属は国鉄時代ならではと言えます!

20年以上南福岡に配属されていた500番台5編成ですが、先述の通り2007年3月からは活躍の場を鹿児島に移しました。

奇しくも時を同じくして、JR東日本に継承された415系鋼製車はすべて運用を離脱しました。
同じ415系500番台ですが、国鉄時代九州に渡った編成が新しい活躍先を見つける一方、勝田に残った編成は役割を終える。運命とは不思議なものですね。

>>運用離脱後の415系白電の記録

2016年に1編成追加!

長らく5編成体制だった鹿児島の415系ですが、2016年3月、大分所属のFo520編成が鹿児島に転属してきたことで、6編成体制に変わりました。

運用範囲

415系×2

鹿児島車両センターの415系は、

・鹿児島本線(鹿児島~川内)

・日豊本線(鹿児島~国分~都城)

で運用されています。

朝夕のみの限定運用で、日中の運用はありません。

1日1往復ですが、宮崎県の都城駅まで足を延ばす運用があります。2016年3月に新規設定されました。
2007年以降九州で唯一415系の定期運用が無かった宮崎県。この列車の設定をもって、九州全県で415系が定期運用を持つことになりました!

415系停車中

おまけ(車内のくず物入れ)

415系鹿児島車くず物入れ

415系鹿児島車の車内には、くず物入れが設置されています。

即席でとってつけたようなのが面白いですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする