阿武隈急行A417系 第三セクターに譲渡された国鉄型車両

2007年、福島県の阿武隈急行はJR東日本から中古車両3両編成1本を購入することを決定しました。

2007年と言えば、JR東日本仙台地区に新型車両E721系が導入され、国鉄型車両の置き換えが進行していた時期。阿武隈急行が購入できる車両の選択肢は417系・455系・717系の3種類。その中で選ばれたのが、車齢が若く状態がいい417系です。

譲渡車に選ばれた417系K-1編成は、郡山総合車両センターで阿武隈急行向けの改造を施し、2008年10月30日に運用を開始しました。

外観

福島駅に停車するA417系

富野駅に停車するA417系

JR時代との大きな変更点は車両の塗色です。8100系と同じ「阿武隈急行カラー」に塗り替えられました。

方向転換されてJR時代と編成の向きが変わっているのも、A417系の大きな特徴です。

内装

内装はほぼJR時代のままです。仙台支社独特の1両ごとに色が違うシートモケットも健在でした。

417系車内

AM417-1(元クモハ417-1)車内は赤色のモケット。

A417系車内

AM417-2(元クモハ416-1)車内は青色のモケット。

A417系の車内

AT418(元クハ416-1)の車内は緑色のモケット。

運用

福島駅に停車するA417系

A417系の定期運用は平日朝夕のみ。運用区間も福島~富野間に限定されていて、あくまで8100系の補助的な役割でした。

一方、臨時列車としては阿武隈急行線を飛び出してJR仙台駅に乗り入れるなど、興味深い運用もありました。

基本的には朝夕に細々と運用されていたA417系ですが、2016年3月26日に定期運用を離脱、同年5月28日のラストランをもって完全引退となりました。
特に他の車両に置き換えられるわけでもないし、いったい何のために購入したのか未だに謎。

梁川駅に停車するA417系

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする