内房線・総武快速線E217系のグリーン車に乗る

E217系電光掲示板君津表示

内房線から総武快速線・横須賀線に直通する快速電車のグリーン車に乗ってみました。

E217系のグリーン車は初めて乗るので、ワクワクドキドキ!

デッキ

E217系グリーン車ドア

E217系グリーン車のドア。E231系以降のグリーン車のドアに比べて幅は狭め。

ドア開閉ボタン

デッキと客室を仕切っているドアを開けるときは、ドア横の開ボタンを押します。
E231系以降のグリーン車とは勝手が違いますね。

自動ドアだと思ってドアの前に立ち止まって、なかなか開かないドアに戸惑っている人もいました。

客室(2階建て部分)

グリーン車2階

2階部分。君津発車時点では乗客は2名ほど。
始発駅だし15両の快速電車なので、わざわざグリーン車に乗る人は少ないわけですが、それでも利用者がいることに驚きました。

グリーン車1階

こちらは1階部分。2階と似たような乗車率でした。

客室(平屋部分)

グリーン車平屋

僕のお気に入りは平屋部分!

2階建ての客室に比べて屋根が高く、一つの空間に6席しかないため個室のような雰囲気も味わえます。

車端部のため少々揺れが激しいのが難点か。

グリーン車締め切り

ラッシュ時はグリーン車と普通車の間が通り抜けできなくなります。

内房線からの快速電車は姉ケ崎~錦糸町間が締め切り区間。
グリーン車の快適性を保つために必要な措置なのでしょう。

客層

グリーン車マーク

僕が乗った日は土曜日でしたが、グリーン車に乗ってくる人たちは東京方面まで出かける人が多かったです。

あと目についたのがゴルフ帰りのおじさんたち。
とにかくうるさい。
グリーン車の雰囲気ぶち壊し。

まぁしょせん普通グリーン車だし、土休日はファミリー層も多いし、そんなに目くじらを立てるようなものでもないんですけどね。

でも休日に会社を想起させる光景を目にするのは勘弁してほしかったです。

意外と内房線からの利用者もいるんだなぁと感じたE217系グリーン車初乗車でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする