御殿場線 TOICA・Suica等交通系ICカードエリア拡大!

神奈川県のJR線では唯一Suica・PASMOなどの交通系ICカードが使えないJR御殿場線。御殿場線を管轄するJR東海からしてみれば、御殿場線国府津口は、いわば末端区間。わざわざ力を入れるほどの線区ではなく、交通系ICカードへの対応は遅れていました。

とはいえ、御殿場線は、単独の利用に限らず、松田駅で接続する小田急線との乗り換え客も多いため、JR東海のほかの路線と比べてもICカードのニーズは非常に高いといえます。沿線自治体も、ICカード対応の早期実現をJR東海に要望していたくらいでした。

そんな利用者や自治体の願いが通じたのか、2017年7月、JR東海はTOICAエリアの拡大を発表しました。

TOICAエリア拡大区間

toicaエリア拡大

(出典:https://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000034520.pdf)

2017年7月に拡大が発表されたのは、

①東海道本線関ヶ原~醒ヶ井
②御殿場線御殿場~下曽我
③関西本線四日市~亀山

の3区間です。

熱海~函南間と同じく、他のSuica・ICOCAエリアへまたがって利用することは出来ません。東海道本線と御殿場線のICカード対応エリアが中途半端になっているのは、そのためなんですね……。

御殿場線 TOICA・Suica・PASMO等対応準備工事

東山北駅名標

小田急線と接続する松田駅の一駅となり、東山北駅の様子です。

東山北駅ICカード準備

簡易TOICA改札機はすでに設置済み。ブルーのカバーがかけられて、使用開始の時を待っています。

東山北駅ICカード準備

無人駅ながら出口が2か所ある東山北駅。どちらの出口にも簡易TOICA改札機が準備されていました。

東山北駅に停車する313系

JR東日本のSuicaエリアへ乗り越すことは出来ませんが、小田急線との乗り換え客も多い御殿場線は、今回のTOICAエリア拡大で、ずいぶんと便利になりそうですね!

供用開始が楽しみです。

2019年1月15日訪問

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする