たった4編成のみ! JR北海道所属の北海道新幹線H5系

北海道新幹線開業に伴い、JR北海道が所有することになった新幹線車両H5系
たった4編成しかないため、中々出会うことができません。

先に登場したJR東日本のE5系とほぼ同じ設計の車両ではありますが、少しだけ違う部分もあります。

外観・内装ともにほぼ全て共通の北陸新幹線E7系/W7系とは対照的ですね。

北海道の植物をイメージした紫色の帯

H5系の外観

H5系の帯は、ライラックやルピナス、ラベンダーなどをイメージした「彩香パープル」という紫色です。北海道と言えばハスカップも紫色に近いですし、いい色を選んだなと思いました。

紫色の帯を見たら、それは北海道新幹線H5系の証。わかりやすいですね!!

グランクラス入口

こちらがJR東日本のE5系。E2系などでも採用された「はやてピンク」の帯です。

東北・北海道新幹線の大多数はこの車両で運行されています。

北海道のロゴマーク

H5系のロゴマーク

これでもかというほど北海道を主張しているH5系のロゴマーク。スタイリッシュかつスピード感もあって、新幹線に似合ったステキなロゴマークですね!

E5系の場合、ここがハヤブサのロゴマークになっています。

内装にも細かな違いが!

実は僕、まだH5系に乗ったことが無いので手元に写真がありませんが、E5系とH5系では内装にも違いがあります。

有名どころだと、車内のドアの色でしょう。JR北海道をイメージした萌黄色でまとめられています。

さらにH5系は普通車でも全席コンセント完備!!
どの席でもスマホが充電できたり、PCで仕事ができたりするのは、大変ありがたいことですね。

ちなみに、E5系も2015年度以降に製造された編成は全席コンセント完備だそうです。

H5系の運用

H5系が使用される列車は基本的に決まっているため、時間さえ合えば、編成数が少ない割には簡単にお目にかかることができます。

2018年現在、

下り:はやぶさ19,33,95号、やまびこ223号

上り:はやぶさ10,24,36号

がH7系で運行されています。

こうやって書き出してみると、やっぱH5系で運行される列車は少ないですね……。

北海道新幹線が札幌に伸びるまで、H5系がレア車両扱いされる日々はまだまだ続きそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする