東北ローカル線乗車記 JR山田線 バスに負けるな!

山田に行かないJR山田線になってしまいましたね(汗)

路線概要

JR山田線、名前を聞いただけだとどこを走っているかイメージがわきづらいですが、盛岡から宮古を経て釜石までを結ぶ157.5kmの路線です。
とは言いますものの、東日本大震災で甚大な被害を受けた宮古~釜石間はJRが復旧工事をしたのち三陸鉄道に移管されることが決まっているので、実質盛岡~宮古を結ぶ路線になっています。
盛岡~宮古を通して走る列車は一日4往復で、これといって目立った観光列車が走っているわけでもなく、東北ローカル線の中でも地味な存在です。

106急行バス

JR山田線を語るうえで外れないのが、106急行。盛岡~宮古間を結ぶバスですが、なんと毎時一本運行されています。山田線が一日4往復なのとは対照的ですね。
僕は鉄道ファンだから山田線に乗るけど、この区間は鉄道に固執するよりもバスを使ったほうがいいでしょう。はっきり言って山田線は使い物になりません。

密度の差が(汗)。
山田線で盛岡から宮古まで行ける始発便が11時台ってのも驚き。

山田線の列車

宮古駅に停車するキハ110

山田線には普通列車と快速リアス号が走っていますが、車両はどちらもキハ110系です。
車内にテーブルがついているタイプの車両もあり、快適に利用することができます。

ギャラリー

JR宮古駅舎

JR宮古駅。三陸鉄道宮古駅とは駅舎が分かれています。

駅名標

宮古駅名標。

連絡改札

駅舎は分かれているJRと三陸鉄道ですが、連絡改札で結ばれています。

宮古駅に停車中のキハ110

宮古駅に停車中の山田線盛岡行き。僕が乗ったときは2両でしたが、1両の列車もあるんだとか。

閉伊川

山田線の宮古側は閉伊川に沿うようにして走っていきます。

盛岡駅に到着したキハ110

盛岡駅に到着したキハ110.折り返し上米内行きに。
乗ってる途中で日が暮れたので、適当に写真をならべるだけで終わってしまいました。

2017年11月5日訪問

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする