京阪初の座席指定車 京阪プレミアムカー乗車記

特別料金なしでも豪華な車両に乗れることで有名な京阪電車。さすが競争が激しい関西の鉄道という感じ。

長らく「着席するために追加料金を払うような列車は流行らない」と言われ続けてきた関西。京阪電鉄もすべての座席が追加料金なしで利用できましたが、2017年8月20日、その伝統を破り「プレミアムカー」が登場しました。同じく大阪~京都を結ぶJRや阪急には無い特別なサービスという事で、僕も乗車してみました!

ワンコインという財布に優しい価格設定

京阪プレミアムカーの料金は、最も距離の長い大阪淀屋橋から京都出町柳まで乗り通しても500円!
価格にシビアな人が多い関西地区で受け入れられるためには「ワンコイン」というのは大切なのかもしれません。
500円と510円じゃ、全然受ける印象違いますからね。

やっぱり気になるのは座席

プレミアムカー02

シートピッチは1020mm、リクライニングは最大20度倒せます。JR東日本の首都圏普通グリーン車のシートピッチが970mmであることを考えれば、足元は十分余裕があります。僕みたいなチビだと、余り過ぎて困っちゃうくらい(笑)。

プレミアムカーイス

この写真の左側を見てもらえれば分かるんですけど、座席配置と窓割がズレまくっていて、全く外が見えない席もあります。当たったらドンマイ。

ちなみに僕が乗ったときは、子供がこのハズレ席に当たってしまって大騒ぎ…。勘弁してくれぇ。

プレミアムカー03

座席は40席ほど。淀屋橋、北浜、京橋で少しずつお客さんを拾っていく感じで、京橋を出ることにはほぼ満席になっていました。

充実の車内サービス

無料Wi-Fi完備、全席コンセント付き、大型テーブルあり。さらに、僕は使わなかったのですが、ブランケットも貸し出してもらえるようです。

また、全区間アテンダントが乗務していて、オリジナルグッズの販売も行われています。プレミアムカーなだけあって、オリジナルグッズもプレミアムな一品。ちょっと高すぎないですかね???

大阪~京都間の輸送ではもっとも不利な京阪電車ならではのサービス

JRや阪急と比べて、所要時間ではどうしても太刀打ちできない京阪電車。時間で勝てないなら空間で勝負、と言ったところでしょうか。

あと、見過ごせないのが沿線の利用客の減少でしょう。首都圏より一足先に鉄道利用者が減り始めている関西。新たなサービスで減収分を補填する動きがこれから活発化するかもしれませんね。僕はJR新快速にグリーン車があったらヘビーユーザーになりそう。

プレミアムカードア

2017年11月25日乗車

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする