懐かしい!国鉄色の電車7種類

根強い人気を集める、旧国鉄色をまとった電車たちを集めてみました。

気動車はこちらで紹介しています!

特急色

クリーム4号と赤2号の組み合わせ。
1958年に登場した181系電車で初めて採用されて以降、国鉄特急の標準的なカラーリングとして定着していきました。

北陸本線で活躍した485系北越号

↑北陸本線で活躍していた485系北越号

北海道向けの485系1500番台

↑北海道向けに製造された485系1500番台。耐寒・耐雪設備が不十分で、早々と本州へ転属となった。

489系。特急北越号の他、金沢方面からの臨時列車として頻繁に首都圏を走行していた。

↑489系。特急北越号の他、金沢方面からの臨時列車として頻繁に首都圏を走行していた。

寝台電車色

クリーム1号と青15号の組み合わせ。
581系・583系で採用されたカラーリングです。

583系TDR臨

末期は仙台と秋田に所属していた583系。東京ディズニーリゾートへのアクセス列車として、頻繁に首都圏に顔を出していた。

湘南色

緑2号と黄かん2号の組み合わせ。
一度は見たことがある人も多いと思われる、伝統あるカラーリングです。
「沿線のミカンの実と葉の色」をイメージしたという話をよく聞きますが、後付けの理由だそうです。

千葉で復活した113系湘南色

↑東海道線と言えばこの電車を思い浮かべる人も多いはず。写真は千葉で復活した113系湘南色。

両毛線120周年記念号

↑寒冷地・山岳路線向けの115系。前面の塗分けが113系と異なる。

長野駅に停車する169系

↑急行型車両は緑の部分が途切れることなく塗られている。

期間限定で塗り替えられた185系

↑期間限定で湘南色に塗り替えられた185系。あまり似合っていなかったと思う。

スカ色

登場時は青2号とクリーム2号の組み合わせでしたが、後に青15号とクリーム1号に変更されています。その際に塗分けも若干変更になりました。
横須賀線で初めて採用されたカラーリングのため「スカ色」と呼ばれています。湘南色が全国各地で採用されたのと比べると、広がりは限定的でした。

千葉駅に停車する113系

↑スカ色の113系が最後まで使用されていた房総半島の路線。

115系のスカ色

↑115系のスカ色。113系とは前面の塗分けが異なり、主に山岳路線で活躍していたことから「山スカ色」とも呼ばれている。

近郊形交直流電車

赤13号とクリーム4号の組み合わせ。
常磐線や北九州で見られたカラーリング。仙台地区の417系も登場当初はこの色でした。

旧塗装の415系

↑リバイバルカラーの415系。赤電とも呼ばれていた。

急行形交直流電車

赤13号とクリーム4号の組み合わせ。近郊型交直流電車と同じ組み合わせですが、塗り分けが異なります。

富山駅に停車する475系。

↑JR線としては最後まで急行型電車が走っていた北陸本線。2編成がリバイバルカラーとして運行されていた。

近郊形交流電車

赤2号とクリーム4号の組み合わせ。
交流専用電車自体例が少ないのでなじみが薄いですが、北海道の711系で採用されていました。

711系試作車

↑711系900番台。試作車が長い間苗穂工場に放置されていた。

711系旧塗装

↑711系は、2編成がリバイバルカラーとして旧塗装に塗り替えられ活躍していた。

以上、7種類の基本的な国鉄カラーの電車の紹介でした。

気動車はこちらで紹介しているので、あわせてご覧ください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする