常磐線特急列車仙台直通復活へ! スーパーひたち号仙台行き

原ノ町駅に停車する651系スーパーひたち号東日本大震災の影響で、いまだに不通区間が残るJR常磐線。
特急列車に関しては、品川・上野~いわき駅の間での運行が定着していました。

そんな中、2020年の常磐線全線復旧に合わせて、東京都内と仙台を結ぶ特急列車の運行が再開されることが決定!

福島県内の自治体の熱い思いが、JR東日本に届いたようです。

停車駅や運行本数等は未定とのこと。続報が楽しみですね!

これからの展開が楽しみな常磐線特急。

今回は、東日本大震災が発生する前の、仙台駅まで直通していたスーパーひたち号について紹介したいと思います。

いわき以北の特急列車は6往復!

上野駅に停車するスーパーひたち号仙台行き

震災前、常磐線いわき以北では上下各6本ずつ特急列車が運行されていました。

下り列車は、

いわき07時31分発→仙 台09時34分着 スーパーひたち1号
上 野08時00分発→仙 台12時23分着 スーパーひたち7号
上 野10時00分発→原ノ町13時09分着 スーパーひたち15号
上 野13時00分発→仙 台17時13分着 スーパーひたち27号
上 野16時00分発→仙 台20時12分着 スーパーひたち39号
上 野19時00分発→原ノ町22時20分着 スーパーひたち53号

以上6本です。
上野~仙台間を通して運転される列車は1日3本のみ。意外と少ないですね。

上り列車は、

原ノ町05時40分発→上 野09時25分着 スーパーひたち14号
仙 台07時14分発→上 野11時35分着 スーパーひたち22号
仙 台10時21分発→上 野14時35分着 スーパーひたち34号
原ノ町15時09分発→上 野18時35分着 スーパーひたち50号
仙 台15時15分発→上 野19時36分着 スーパーひたち54号
仙 台18時16分発→上 野22時36分着 スーパーひたち66号

以上6本です。
いわきまでの区間便がないため、仙台~上野を通して運転される列車は1日4本と、下り列車より1本多くなっていました。

いわきで分離予定だった常磐線特急

E653系特急愛称募集

東日本大震災がなければ、常磐線特急は系統分離され、上野~いわきといわき~仙台の2系統に分かれる予定でした。

しかし、3.11の影響で新しい特急が運転される予定の区間は壊滅的な被害を受け、この話は無かったことに……。

この列車に充当予定だったE653系4連も、特急しらゆき向けとして新潟車両センターに転属することになり、常磐線から離れていったのです。

どうなる!? 全線復旧後の常磐線特急

いわきでの系統分離の話が立ち消え、全線通しで運行されることが決まった常磐線特急列車。

停車駅や運行本数など、まだまだ未定なことが多いですが、どうやらE657系を2編成増備することで対応するそうです。

震災前はほとんどが4両編成だったいわき以北の特急列車ですが、まさかの10両編成になるとは……。少々驚きを隠せません。

わざわざいわき以北向けに両数が異なる車両を導入するより、いわき以南と編成を統一したほうが、何かと都合がいいのでしょう。

そのかわり、震災前より列車の本数は減らされるのような気がします。震災と原発事故の影響で沿線人口は減っているし、何より、東京都内~仙台間を乗り通すと4時間以上かかるというのは、なかなか厳しいのではないでしょうか。

新幹線で同じ時間に東京を出たら、4時間後には函館に行けますからね(汗)。

そうは言ってみたものの、鉄道ファンとしては、東京~仙台間の移動の選択肢が増えるのは大歓迎!!

続報に期待です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする