2007年京葉線TDR臨 485系・489系・583系など

東京ディズニーリゾートの最寄り駅、舞浜駅を抱えるJR京葉線。全国各地からディズニーリゾートを訪れるお客さん向けに、多数の臨時列車が運行されています。

今回は2007年ごろに運行されていたTDR臨を紹介したいと思います。ATS-Pを搭載した首都圏乗り入れ対応の国鉄型特急車両が毎週のように東京にやってきていた、素敵な時代でした。

485系

わくわく舞浜・東京号に使用される485系K60編成

485系勝田車。わくわく舞浜・東京号の名前で、常磐線方面からディズニーリゾートへ向かうお客さんを運んでいました。

勝田の波動用車両 イルカの485系K40編成・K60編成

上沼垂色時代の485系T18編成

こちらは新潟の485系。常磐線方面からの列車と違い、特に愛称は設定されていません。

新潟車両センター485系T18編成 北海道向け485系1500番台の生き残り

489系

489系。特急北越号の他、金沢方面からの臨時列車として頻繁に首都圏を走行していた。

金沢方面からの列車は、JR西日本の489系が使用されていました。真昼間に首都圏を走るボンネット車ということもあり、人気の存在でした。

583系

舞浜駅で撮影した583系

東北方面からの列車は、JR東日本の583系が使用されていました。2007年当時は仙台と秋田に6両編成が1本ずつ配置されていました。比較的状態がいい仙台車とボロボロの秋田車の違いが印象的だったのを覚えています。

以上、国鉄特急型車両を使用したTDR臨の紹介でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする